ちょっとカッコイイ事やってみてもいいじゃない!~オリジナルカクテルとカクテルの由来~

IMG_3510

どうも、お初にお目にかかります。

ここ最近、何故ラッキー原田と言ってるのかわからなくなって来ているラッキー原田です。

さて、今回は「ちょっとカッコイイ事やってみてもいいじゃない!」と題しまして、オリジナルカクテル作ってみました。

僕がオリジナルカクテル作るときは、一人のお客さんをイメージして作るんですけど、名前だけはお客さんに付けてもらってます。

色んな人のカクテル作りたいんで、声かけてもらえれば作ります!!w

では、紹介していきますね!今回は3つです。

1、ペリドット

ペリドット

 

はい。これ、ペリドットっていう宝石の名前を付けてくれました。

ミドリベースでライチとグレフルを合わせました。

かなり甘めですけど、女性には人気ですね!

 

2、サファイアサンライズ

サファイアサンライズ

ほい。

これがサファイアサンライズですね。

南国イメージで作りました!元になった女性がまさにこんな感じでしたな。

レシピ非公開で!!さっぱり目で味の変化があるので楽しめます!

3、ピンクスパイダー

ピンクスパイダー

これは、ピンクスパイダー。

ピーチベースですがかなり強めで、ひたすら酔いたい人におすすめです。

よく考えたら僕の作ったカクテルって全部度数が強いんですよね。

中には1杯で酔っぱらう人もいたり。

Encounterでカクテルを楽しむイメージはあまり無いのですが、実は僕こんなことも出来るんです。

3色

さて、話変わりますがカクテルの由来って皆さんご存知ですか?

実はカクテルは一つ一つに由来があって、それをバーテンダーに聞くのもBARの醍醐味の一つです。

カクテル

「カクテル」はいくつか由来があるのですが、その一つをご紹介します。

“メキシコのBARでバーテンダーの少年が、雄鶏の尾に似たような道具を使いドリンクを作っていた時です。

客が「それ(ドリンク)は何?」と聞いたところ、少年は道具のことを聞かれていると勘違いして「コーラ・デ・カジョ」と答えました。

その「コーラ・デ・カジョ」の英訳が「Tail of cook」と呼ばれたことからカクテルと呼ばれる様になりました。”

 

この様に、様々な由来が存在するカクテルですが、是非あなたもBARの楽しさを満喫してみてはいかがですか?

 

 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
原田 岳

原田 岳

Encounterのラッキー原田とは僕のこと。「金が無くても飲みに行く」をモットーに日々飲酒生活を送っております。Encounter最年少の飲酒少年。
このエントリーをはてなブックマークに追加