呉高専 x Encounter ワークショップのごほうこく

6月、7月、8月と羽田空港-渋谷間で死に掛けてましたが徐々に片付き始めました。 先週、先々週と広島の呉にある高専(高等専門学校)でワークショップをやる機会をいただいたので ありがたく実施してきました〜! 関係各所の皆様本当に有難うございます!

ということで呉に

9/11 ~ 9/22の2週間にわたり、カッコよく言うと官学民が一体となって産品をプロモーションするワークショップを実施しました。社長西側の尽力と島田さんの現場力で!(黒田は何もしてませんでした...)

プレスリリースも出しております。

なんのワークショップなの?

「呉の食材 / 産品を使ってメキシコ人を健康にしよう」という企画のもと
学生が2週間必死になって自分たちがセレクトした商品のPRを考えるというもの。
優秀賞を取った学生の商品は、Encounterが責任を持って、alimentariaというメキシコで12月にあるフードショウに出店します。&Encounterの2号店であるGuanajuato店でメニュー化します。

ワークショップの概要

ワークショップの流れとしては以下

~~1週目~~
1日目:ブレスト(学生によるメキシコについてのイメージの出し合い)
2日目:メキシコのことを知ろう(メキシコ料理を食らう)
3日目:呉のことを知ろう
4日目:1人1つ商品を選ぼう
5日目:1人1品試作(1回目)

~~2週目~~
6日目:メキシコ人と話そう!チーム決め、ゴールの共有
7日目:商品の決定、レシピの決定。試作(2回目)
8~9日目:企画のブラッシュアップ
10日目:試食発表会

「呉の食材 / 産品を使ってメキシコ人を健康にしよう」というゴールを設定し、
メキシコについての情報の提供と日本食ってなぜ健康なんだろうねというブレストをして
「メキシコ人を食で健康改善する」という形でやってもらいました。

メキシコ人は1人当たりコーラを年間700本消費するほどの肥満大国なんです。

すんなりいくと思っていたワークショップですが、、、

メキシコ男性は大きいお尻の女性が好きなんです。という情報を伝えた時に
「じゃあ、恋愛観がそうなってるなら食で改善できなくないですか?」と。

学生は鋭いですね...

またメキシコのフードショウへ出店するイメージを持ってもらうことが難しく
学生もレシピよりの提案に偏っていたり、、、
(最後はみんな素晴らしくアイデアを昇華してくれましたが!)

試行錯誤してくれた様子を写真で紹介します。

S__20496406
S__20496405
S__20496403
S__20496402

やっぱり島田さんはさすが

恥ずかしながら島田俊一郎とこうやって一緒に仕事するのは初めてでした。
朝の挨拶「ブエノスディアス!(おはよう)」から始まり、「adiós」で終わる島田さん

この惹きつけ方はさすがと言わざるを得ない。

最後の発表会!

発表会には、
広島県庁さん、呉市役所さん、JR東日本企画さんに駆けつけていただき開催できました。

優秀賞に選ばれたのは、「甘夏マーマレード」

ここからはこれをフードショウに持って行くべく、学生から引き継いで僕たちが頑張ります!

行政と一般企業、学生がチームとなって企画提案が出来た今回は本当に面白かった。

来年以降も実施すべくまずは今年、形にします!

The following two tabs change content below.
黒田こうへい
Encounter Japanの報告書制作係、兼amiga担当。 日本語,English,spanish,HTML,css,rubyを全てそこそこ以下に扱うマルチリンガル系男子です。
このエントリーをはてなブックマークに追加