28歳の抱負&ここがおもろいinメキシコvol.1

1460744851342
日本の皆さん、こんばんわ!!!!!!!!!

どうもHostel&Bar Encounter Guanajuatoのシュンです。

 

ストレスか何なのか最近ポポが青いです。黒ではなく青いです。

※これよりブログ上での体裁を気にしてトイレでするあれをを@ポポと表現させていただきます。スペイン語でウ○コのことを指します。
images

メキシコ時間の昨日無事28歳の誕生日を迎えました。
ちなみに4/20は世界的に“マリファナデー”らしいです。何故僕はこの日に生まれたんでしょうか?笑

 

メキシコでのソウルメイトに、ロウソクの火を水鉄砲で消せるまで、テキーラを飲み続けるゲームをやらされ、28歳になって30分でトイレに駆け込みました。

 

また、200人以上の方からお祝いのメッセージをいただき、大切な仲間からはビデオメッセージをもらって、メキシコで一人酔っ払いながら感涙していました。たくさんのメッセージ本当にありがとうございました!!!!!!!!一人一人しっかり返信したいと思います。

 

もちろんメキシコで仕事をする大変さもありますが、メキシコで一人働くことの孤独感は想像を絶します。笑

 

28歳の抱負はズバリこちら!!!!

 

“時として常識を圧倒する=常識圧倒感”
1460744140082

 

一度違う国に行けばいつもの当たり前は当たり前じゃなくなる。最初はこの国おかしいって、思うけど、どこの国行っても自分の考え方中心に生きてたら、鬼息苦しい。

ならば常識を圧倒しよう。そうすれば常識ってあるけどでないもの。

 

以下で面白い例を紹介します。

 

〜それでご飯は食べれない〜
昨日はまるで僕の誕生日を讃えるかのごとく、今までで一番お客さんが入ってくれました。

 

相変わらず従業員は僕一人なので、一度に6つの丼物を作りました。キッチンは片付けられない人の部屋状態です。
※読者に本当に片付けられない人がいた場合は深謝します。

 

唐揚げ丼×2、アラチェラ丼(牛のハラミ)、鳥の照り焼き丼、そしてブロッコリー丼。

ブ、ブ、ブロッコリー丼??笑 メキシコのイメージされる通り肉が多いイメージですが、同じぐらい野菜の需要も多くベジタリアンも結構来ます。

 

彼らは丼モノを平気で肉抜きで頼みます。一番下にご飯、次にレタス、その上に肉を載せる如くブロッコリーを乗せてあげます。

 

日本人からしたらブロッコリー丼はありえないかもしれないけど、彼らからとってしたら、別にご飯はおかずと食べる物という概念がそもそもなく、ご飯もおかずなのか、またはブロッコリーが美味そうなおかずと捉えてるのかなんだと思います。

images

〜スーパーのトイレの紙は神〜
この前食材や消耗品の買い出しにスーパーマーケットに行きました。ちょっとポポをしたくなったのでトイレに行った時の出来事。

 

洋式便器のあるトイレに入ってズボンを下ろして、今こそ

 

“出でよ!!”

 

と僕のポポを呼び寄せようとした瞬間気付いてしまった。紙がない。

1461260172118

みなさんも長年生きてれば一度はポポを呼び寄せた後に紙がないことに気付いたことがあるはず。

 

しかし僕が入ったスーパーマーケットのトイレはトイレットペーパー装着器具すらないので。急いで掃除のおばちゃんに

 

“紙がないんだけど、どこにあるの??”

 

と聞くと、笑いながら入り口の方にあるよと。まだ呼びせてないのに、おばちゃんは

 

『呼び寄せた後に気付いたな紙がないのにシメシメ』

 

という言わんばかりの含笑い。入り口に行ってみると、男女のトイレの岐路にしっかりとご自由に好きなだけ巻き取りくださいと言わんばかりのトイレットペーパーロールが。

 

ポポをしたい人は入り口で、自分のポポの拭き取り具合・ポポの濃さに見合った適正量のトイレットペーパーを取ってからトイレに入ることになります。

 

しかし、自分のポポ具合を把握していない人はとんでもないことになることを皆さんもうお気づきだろう。一度見誤ると再びトイレットペーパーを巻きに来るか、ポポに身を委ねるか。

 

女性は大変銀行の暗証番号ばりにひっそり巻かなけれなばなりません。

 

僕は逆に取り過ぎて最後の一拭きは、約1.5mの紙畳で仕上げました。

 

何が言いたいかというと、自分のポポ具合を今のうちに見極めておこう。そういうことです。

 

いや違う。

 

要は日本人の常識とメキシコ人の常識は全く違うということ。文化も歴史も育つ環境も全て異なるからよく考えたら当たり前なんだけど、常識は頭にこびり付いてるから相手の常識が中々理解出来ない。

 

最初に書いたブロッコリー丼も、トイレットペーパーの置いてある場所も、正解はない。メキシコに住んで、気付いた大切なことは、それは他の文化を受け入れること。

 

もう僕は日本ではなく、メキシコに住んでるんだから。簡単なようで案外出来てなかったこと。メキシコの文化を笑って馬鹿にしてた。

 

これからは笑ってまうけど受け入れることにする。

 

ポポの話をしてたらポポりたくなってきたので、そろそろ失礼します。たまには真面目なことも書きます。

 

“ポポる=○○○する”

 

女性も非常に使いやすい言葉ですね。使っていきましょう。ではまた次回もお楽しみに。

PS.トップ画にもあるように4/28にメキシコのルーフトップバーを貸し切って、自分達の誕生日会を開催します。島田選手も遂になんちゃってDJデビューを果たします。エントランスは50MEX(日本円で300円ちょい)でビール1杯付き。現在参加者100人は既に超えております。日本からのご参加お待ちしております。
 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
島田 俊一郎

島田 俊一郎

武田修宏と井浦アラタのハーフ。 Encounter2号店であるEncounter Mexicoを立ち上げ、現在マネージャーとして活動中。世界の反対側にまで居場所を拡大する元銀行員。
このエントリーをはてなブックマークに追加